FC2ブログ

KY実例

午後から聞香の教室に行く。
場所は、JR中央線駅の近くだったが、初めての場所を探すのが下手な私は、やはり迷い、交番で訊いたりした。
早めに家を出たので、余裕はあったが、先生に和菓子でも買っていくつもりが、周りにはコンビニしか無かった。
今度は、自分の最寄り駅で、買っていく方が良さそうだ。

香道は、格式ある席では、座敷で和服という作法らしいが、今回は、立礼によるもの。
膝が悪くて正座が出来ない私は、あらかじめ、それを確かめた上での参加である。
昨日は7人の処、私が、急用で欠席したので、6人だったとか。
もしや、香木の用意などで、迷惑を掛けたのではないかと思い、欠席分の受講料を払うつもりで居たが、先生が「いいですよ」という。
半紙に包んだ受講料を、聞香宗匠の机にある箱に収め、能書きを貰った。

今日は9人という事で、さほど大きくない机を囲んで行われたが、肘がぶつかりそうで、ちょっときつかった。
12月に2回ほど、香道について、香木についての初歩的解説があり、今月は実習が主と言うことだったが、今日初めての人もいたので、もう一度ざっと説明があった。
初めて来た人たちのうち、女性は、講師の話をひたすら傾聴し、わからないところを短く質問するという感じだったが、一癖有りそうな熟年男性が二人いて、プリントを片手に、微に入り細に入った質問を繰り返すのには、いささか閉口した。
こういうものは、一度でわかるものではないし、最初は、とりあえず、香道というのはどんなものかを体験すると言うことで充分だし、まずは、先生の話を心を無にして聴くという姿勢が、第一なのに、頭でっかちな男どもは、とかく、理屈が先に立ち、自分本位の質問をしたがるのである。
講師が、今日使う香木や、香りの種類について、実習を交えて説明しようとしているのに、説明を途中で遮っては、言葉の端端をとらえて質問する。
その都度講師は、丁寧に答えるが、時間がどんどん経ってしまう。
実習時間が少なくなるので、たまりかねて私は、思わず「先に進めてください」なんて口を挟んでしまった。
そこでやっと、講師も、「聞香は聞いて味わうことがすべてですから、説明でわかるものでは有りません。実習に移りましょう」と言うことになって、その男性たちもおとなしくなった。
10分遅れてきて、もう、先生の話が始まっているのに、自己紹介なんかをし、講座の終わりには、名刺なんか先生に渡していたから、なにがしかの肩書きも持っているのかも知れないが、そんなことは、ものを習う場には関係ないのである。
大体、初めての場所に、普段着みたいなズボンにジャンパー姿というからして、おかしい。
若者じゃあるまいし、こういうのを、KYというのではあるまいか。

今日は800年前の香木というものを見せて貰い、貴重な体験。
お香は、最初に4種類、後から、練り香を4種類聞かせて貰った。
予定時間を20分ほど超過したが、あの男どものせいである。
あと2回の講座、楽しみだが、次回以降、彼らと鉢合わせしないよう祈りたい。

聖母子の像はいづこに

3000年以上に遡る民族の歴史が元になっているパレスチナ紛争。
旧約聖書を少しばかり囓ったくらいでは、とても理解出来ない、深く難しい問題である。
このことについて、私は何も発言できないが、いたいけな、罪なき子供達が、無碍に命を奪われている現状は、いかなる理由も、正当化できないし、許せないことだと思う。

いまネットで、私を含む4人で、連詩をやっているが、たまたま、私の前の人が、パレスチナ・ガザ地区の悲惨について書いた。
次は私の番だが、次ぎに続ける詩に、母と子の、昔からある姿を書いて、子供の無惨な死体を映像で見ても、何も出来ない無力さを述べたが、言葉が舌足らずなので、動画を付記した。
バッハ「マタイ受難曲」の中の39番のアリア。
沢山ある動画の中で、ユリア・ハマリの歌を選んだが、他にもいろいろな人が歌っている。
このアリアは、アンドレイ・タルコフスキイの「サクリファイス」という映画で、冒頭と、終章に使われていて、何度聴いても、胸を打つ。

「連詩 切り取った風景」から

幼子がこの世で最初に見る物は
母の笑顔でなくて何であろう
幼子がこの世で最初に触れる物は
母の体温でなくて何であろう
幼子がこの世で最初に口にする物が
母の乳でなくて何であろう

太古から続いた母と子の風景が失われたとき
術もなく救いを求めるアリアを聴くだけなのか


ユリア・ハマリ
http://www.youtube.com/watch?v=aPAiH9XhTHc

キャスリン・フェリア
http://jp.youtube.com/watch?v=UdX6cZlB7RQ

文化人類学を覗く

私の住む市には、駅前に「ネットワーク大学」と称する市民大学があって、さまざまな講座を常時開講している。
勿論、学校教育法に基づく「大学」ではなく、昔から市民対象に、コミュニティセンターや市民会館で、講師を招いて行っていた市民対象の講座の一部分を、少し発展させたものである。
市民会館では、昭和40年代から、生活に密着した内容の料理、手芸、子育て、語学、最近はパソコンなどの実利的なものの他、歴史や環境、文芸批評などの学習型のものがあり、多くは受講料無しの市民との共同運営型で、行って来て、今でも、保育付きの講座などは続いている。

その中から、人文学的な内容のもの、科学や芸術に関するものを、インターネットも導入しながら、大学レベルのプログラムで、と言うことで、大学教員出身の女性が市長になって以来、こういうことに力を入れるようになり、駅前の新しい施設で、新しい試みとしての「大学」が出来上がった。

市内や、近隣の市の大学と提携して、講師を派遣して貰ったり、講座そのものを共同で作ったり、働いている人も出席しやすいように、平日の夜や土曜日の午後に講座時間を設けるなど、工夫してきたが、かなり軌道に乗ってきたようだ。
3年前の開講当時は、市が面倒を見ていたので、受講料は1回1000円足らずだったが、最近、独立法人の形態を取り始めてから、都心のカルチャーセンターほどではないが、受講料も結構な額になった。
それでも、バス一本で行けるので、面白そうな講座が開講されると、申し込む。

今回は、「異文化を眺める」というシリーズの6回目。
「”文化”の綴り方教室」という副題が付いている。
シリーズだが、私は今まで曜日が合わず、今回初めての受講である。
行ってみると、半分くらいは、シリーズ始まってからの、最初からの継続受講者。
講師はバリバリの現役で、エネルギーが溢れている。

渡辺 隆宏(わたなべ たかひろ)アジア・アフリカ語学院講師。

文化人類学、言語学、モンゴル語担当。東京生まれ。
日本モンゴル学会、見世物学会、現代風俗研究会会員。

講座の内容は、なかなか刺激的で、面白い。
一つ面白いものを紹介されたので、書いておく。
現在では、ほとんど姿を消してしまった「見せ物小屋」が出るというので、行ってみたいが、人出も多そうなので、体力が必要かも知れない。
「新宿花園神社のお祭り」
http://www.hanazono-jinja.or.jp/mt/top/