FC2ブログ

最近気になる空気

「龍馬伝」が終わり、続いてNHKでは「坂の上の雲」をやっている。
司馬遼太郎原作のドラマだが、明治維新後、日本が近代国家として発展していく過程で、時代に生きた、実在の3人の男性を描いている。
共に伊予松山の出身。
一人は俳句と短歌で短詩系文芸の新しい祖となった正岡子規。
一人は日露戦争で、ロシアのバルチック艦隊を破った日本海軍の秋山真之。
真之の兄で、やはり日露戦争において、世界最強と言われたコサック騎兵隊を打ち負かした、日本陸軍の秋山好古。
3人を取り囲む人間模様を描きながら、時代を追っていく。

役者を揃え、なかなか面白くはあるが、「龍馬伝」から引き続いてみている内に、昔の日本はこんなに強かった、日清日露の大戦争にも勝った、立派な軍人や為政者が沢山いた、100年前の日本の勢いに比べて、太平洋戦争で負けて以後の日本のだらしなさはナンだと、ドラマを通して、叱られているような気がしないでもない。