FC2ブログ

庭師

明日から庭師が来るという連絡。
庭の木犀が咲き終わった頃と言うことになっていて、庭師は心得ている。
古い平屋を2階建てに建て替えたときに、はじめてやって来た庭師だが、20数年の付き合いになる。
その当時若かった親方も、髪に白い物が混じってきた。
弟子を1人連れ、丸2日間で、さっぱりと買ってくれる。
大きな樹を中心に、葉っぱも綺麗に片付けてくれて、これで今年も終わりに近づいたという感じになる。

前の日までに、近所のスーパーなどで、庭師達のお茶菓子や、飲み物を調達しておく。
ついでに、銀行の振り込みや郵便局の用事も済ませ、葬儀に行く夫を送り出し、洗濯をし、小休止中にちょっとネットを覗いていたら、もう昼過ぎ。
陽のあるうちにやること沢山。返事を書くべき手紙2通。今日中にやらねば・・。

三ヶ月カレンダーは何のため?

週の初めは日曜日なのか、月曜日なのか、手帖や日記が並び始めた書店で、ちょっと戸惑ったりする。
以前は、日曜始まりの手帖を買っていたが、段々生活感覚が合わなくなってきた。
金曜日から日曜日を、週末と思ったほうが、何かと都合が良いので、最近は、月曜始まりの物にしている。
1月始まりと4月始まりを併用しているのは、音楽会などの予定を落としたりしないためだが、それでも、付け落としや、間違いがある。
家の台所と私の書斎に掛けてあるカレンダーは、日曜日が左端に来ていて、赤で色が付いている。
つまり日曜始まり。
スケジュールを書き込むとき、手帖の曜日とずれるので、間違えないようにしなければならない。

夫は、最近、3ヶ月が一覧できるカレンダーを使っているが、昨日買って来た物は、月の移動が上から順になっていて、いざ日程を書き込み始めて、今までと違うことに気付いた。
Read more
昨年は、気付いたら3ヶ月カレンダーが品切れになってしまったというので、私が、100円ショップで見つけた3ヶ月カレンダーを、今夫が使っている。
毎月一枚ではなく、一枚に、3ヶ月分の日付と曜日が入っており、下から順に印刷してある。
一番下の1月が終わると、その分だけ切り取ってしまえば、次の一枚は、4月から6月までなので、切り取った場所に、2枚目の一番下にある4月分が表示されることになる。
2月が終われば、切り取った箇所に、同じく2枚目の中段である5月分が出てくる。
つまり、そうやって、いつも3ヶ月分の日程が一望できることになる。
それが、3ヶ月カレンダーの利点なのである。

ただ、100円ショップの品は、やはり、体裁がしっかり出来ていないし、紙質も良くないので、来年は、高くても良いから、もっとしっかりしたのを使いたいと言い、夫が自分で、吉祥寺のロフトで買ってきたのだった。
筒に丸めた状態のものを買ってきたので、家で広げて予定を書き始めた時点で、やっと、このカレンダーは、下からひと月ずつ切り取ってしまえないことに、気付いたらしい。
「見本を見ればわかったでしょうに」というと、壁に並んだカレンダーの見本が沢山あるので、見つけるのが難しかったらしい。
店員に3ヶ月カレンダーが欲しいと言って探して貰い、いくつかある中から、書き込み欄の大きい物を買ったが、月の並べ方が、上から順になっていることには、気づかなかったらしい。
これでは、3ヶ月経たないと、次の一枚が出てこないので、3ヶ月後の予定を書いたり見たりするためには、済んでしまった過去の2ヶ月分を表示したまま、次の一枚をいちいちめくってみなければならない。
これでは、何のための3ヶ月カレンダーかわからないではないか。
まだ、一月ごとにめくるカレンダーの方がましじゃないの、と私は言い、ロフトに持っていって、取り替えて貰ったらと言うと、もう、書き始めてしまったから、返すわけに行かないだろう、これでガマンするという。
「だって、こんなヘンな3ヶ月カレンダーなんて、見たことないわよ。制作ミスじゃないの。みんな文句なしで買ってるのかしら。一応訊いてみる価値有るんじゃない。とても、プロの仕事とは思えない」というと、「3ヶ月の日程を、そのまま壁に掛けて、終わりまで眺めていたい人もいるんだろう。3ヶ月経ったら、次をめくればいいことだし」と、夫は何故か、カレンダーの作り手を庇っている。
だって、毎月めくるのが面倒だから、3ヶ月先の予定が直ぐ分かった方がいいと言って、3ヶ月カレンダーにしたんでしょうに、と私は言ったが、多分、夫は、私がそんなことで、ロフトとケンカしたり、文句を付けたりするのが、いやなのであろう。
「じゃ、また100円ショップで、買ってきてあげるから」と私は引き下がったが、どうも釈然としない。
3ヶ月カレンダー、月の表示順が、上からのものと、下から逆に上がっていく物と、2種類有るのだろうか。
お客は、その違いを知った上で、買っているのだろうか。
念のため、吉祥寺に出た際に、ロフトに行って、確かめてみよう。
もし、不良品なら、替えて貰わねばならない。
因みにカレンダーは750円くらいだったという。

Hide

ブログか呟きか

現役世代の息子には、フェイスブックが良いらしい。
仕事上の繋がりなど、実名でやり取りするので、結構、お互いに得るところがあるという。
しかし、組織や仕事に縁の無くなったシニア、特に女性には、ツイッターの方が気楽。
深入りせず、見知らぬ通りすがりの呟きを、街中で聞き流すような感覚が合っている。
その中で、時には、ハッとするような、新鮮な呟きを目にする事があるし、短い中で、言わんとすることを良く表現できる人がいることに、感心もする。
欠点は、自分がアクセスしたときにしか、そう言うものをキャッチできないことだが、相手を特定せず、自分本位というのが良い。

本当に書きたいときは、字数制限のないブログが良い。
最初に作ったブログが2004年。
当時、人気のあったサーバが、後発のブログに押されて、次第にユーザーが減り、とうとう今年になって、消えてしまったが、ログはすでに他のサーバにエクスポートしてあった。
この業界も、浮沈が多いようだ。
だから、ミラーサイトを、複数持っている。
その意味で、比較的安定しているサーバのブログを有料にしてあるが、ログのインポート、エクスポート機能がないのが欠点。
テンプレートが、気になるほうなので、デザインの豊富なこのブログは、時々着せ替えが出来る点が気に入っている。

Tag: *