FC2ブログ

「アイーダ」

新国立劇場で、ヴェルディのオペラ「アイーダ」を見た。
舞台が豪華、生きた馬2頭も登場し、オペラらしいオペラだった。
最近経費節減なのか、ケチった舞台装置が多かったが、このオペラは舞台が貧弱だとおかしい。
今回はフランコ・ゼフィレリの演出そのまま。
歌手は、顔や姿はもかくとして、みな歌唱が素晴らしかった。
満足して帰ってきた。

図書館

きのう駅前の皮膚科に行き、終わって駅ビルの本屋に行った。
最近の新刊書は知らないのでリサーチを兼ねて。
ネットで話題のミステリーやら、人気作家の新刊など平積みになってるが、決定打がない。
私の心と頭は、どうも昭和の時代で止まっているらしい。
未読の本が家にごろごろしているし・・と言うことで何も買わず帰ってきた。

・・・で、本は買わなかったが、ネットでその類の本を片端からデジタル予約。
これらの本はみな、借り出し希望者が100人程待っていたりするが、別に急がない。
ただ、カードが期限切れという警告が出たので、時計を見ると、まだ閉館には間に合いそう。
自宅から徒歩5分の本館に行き、カードを更新。
ついでに月遅れの文芸雑誌4冊、丸山健二「猿の詩集」上下、加藤周一編「私の昭和史」など借りた。
閉館10分前。風が強かった。

つまり図書カードが半年前に切れていたのに気付かなかったと言うことは、その間行かなかったことになる。
時々新刊情報はネットで見てはいたが、スルーしていたのだろう。
久しぶりに行ってみると、やはり図書館はいい。
イギリス在住中もよく通ったものだった。
図書館は、さまざまな情報の宝庫である。