FC2ブログ

近場の花見

seimon1.jpg
今日、天気が良く、暖かいので、夫と一緒に昼前、ICUの桜を見に行った。

ICU(国際基督教大学)は、最近、秋篠宮様の2人のお嬢さんが通っていることで、話題になっているが、1953年創立というから、昨年60周年を迎えている。
初めは学校名からして、その頃、日本ではごく少数派のキリスト教信者のための学校と言うような認識だったようだし、場所が東京郊外の、当時はまだ田園風景の残る三鷹だったこともあり、受験競争の対象ではなかったようである。

学生時代、当時入っていた学生合唱団の交流の機会に、初めて行ったことがあるが、三鷹駅からバスで20分ほど、広大な敷地内に、チャペルと校舎がぽつんと建ち、裏手には小川が流れていた。
やっと第一回卒業生を出したくらいの時だったが、学生達、特に男子学生は、みな背が高く、垢抜けしていて、国立大学の学生とはずいぶん雰囲気が違う感じがしたことを覚えている。

しかし、10年ほど経つ頃から、ほかと違った自由な環境と教育方針が良かったのか、段々人気が出てきて、存在感が増してきたように思う。
私の妹の1人も、ここを受験したが合格せず、別の大学に入っている。

後に三鷹に住むようになり、社会教育事業に熱心だった市の講座で、1CU出身の女性とも友だちになり、チャペルの音楽を聴きに行ったりした。
さらに、海外生活での経験がきっかけになり、昔と違ったことを勉強したくなり、ICUでのみ開講されていた分野を学ぶため、研究生として入学、一年間通った。
30代半ばを過ぎての学生生活である。
子どもが小学生だったので、自転車で通える距離というのが、大変ありがたかった。
その過程で、同じ志を持った研究生仲間の人たちとも友だちになり、若い学生たちと机を並べての勉強は、きつくはあったが、楽しくもあった。
単位を取るために、試験も実習も受けたが、この大学は英語力がかなり要求されるので、それには苦労した。
そこで学んだことは、仕事としても、ある程度生かすことが出来たが、40代後半、思いがけず大病に見舞われたことで中断、以後、その仕事には戻っていない。

桜の季節になると、歩いても行ける距離なので、ICUに花見に行く。
正門から続く道は、両側に桜の木があり、満開の花が道を被うほどになる。
この時期は、一般の人にも開放しており、車で入る部分は限られるが、徒歩ならば、学内の散策は自由である。
研究生として通った頃から永い年月が経つが、昔のままの風景は形を留めているし、その後増えた建物、施設、伸びた樹木などが、景色を変えてはいるが、本質は変わっていないように思う。
歩きながら、向学心に燃えていた、在りし日のことを思い出した。
当時のクラスメイト達は、その後どういう人生を歩んでいるのか、定かではないが、当時学生だった人たちは、今もその分野で活躍しているだろうし、私と同世代の人たちは、もうリタイアしているかも知れない。

構内を見て歩き、時々カメラを向ける夫に歩調を合わせながら、裏門から出て、バス停に行った。
よく晴れて、夏のような気温。
ジャケットやセーターを脱ぎ、間もなく来たバスに乗って帰ってきた。
昨日は息子の家で、窓からの花見、今日は、平日の午前中、人の少ない大学内の花見となった。
(写真は「ICU正門からの花のアーケード)

花粉症?

昨日から鼻水や、くしゃみが出たりするので、さては亭主の風邪が移ったかと、ビタミン剤を貰いに行くついでに、すいていたので診察を受けた。
すると医者曰く「花粉症が発症したかも知れません」。
えええ???
「私、花粉症とは無縁で来たんですけどと言うと「後からなる人もいて、今年はそういうケースが多いです」とのこと。

調べてみましょうということで、血液を採られたり、当座の坑アレルギー剤を処方されたが、納得がいかない。
帰宅して亭主に告げると「そうか、キミもいよいよなったか」となんだか嬉しそう。
ビタミン剤だけで帰ってくれば良かった。
亭主を庇って、空気清浄機を掛けたり、布団たたきは私がやったり、お陰で花粉症とは何よ。
「だって、オレは35年もこれで苦しんでるし、息子も発症してる。キミだけ無傷でノホホンというのは、おかしいだろ」と亭主。
食前食後に同じ薬を飲み、にょうぼから攻撃されないうちにと、亭主は自室に引き揚げたが、もう熱なし、食欲有り、花粉症も終わりに近いと言うことで、機嫌がいい。 
あしたから面倒見てやらないから・・。

そこで駄句一つ。

佐保姫よ花粉症かと訊いてみる   リュウ

佐保姫は春を司る神様のこと。
私の詩心も鈍っている。

鎮魂の歌は誰のために

昨日はモーツァルト協会の例会コンサートが、上野のホールであったのに、すっかり忘れていた。
手帳には書いてあり、チケットも持っていたのに、夫の外出とかその他で、自分のことを置き忘れてしまった。
亭主と同じ時間に出れば、充分間に合ったのに残念。
今年になって、理不尽に殺害された日本人ジャーナリストのことや、まだ13歳で、未来を奪われた少年のことで、心が痛んでいたからだろうねと慰められたが・・。

今日は上野で、3月8日に迫った演奏会の総合練習。
オケとソリストも来て、本番のステージの並び方での練習となる。
「背の順」と言うことで私は最前列だが、結構背の高い人も前にいる。
自然災害に遭った地方のためのチャリティだが、曲目のモーツァルト「レクイエム」を、私は今回密かに、川崎で殺害された13歳の少年のために歌うつもり。
赦してもらえるだろう。