FC2ブログ

バッハと共に・・

・・過ごした一年。
イヤ正確には、10ヶ月だが、昨年3月から始まった練習の結果が、今年になっての2月10日に終わった。
合唱は、一人で練習しても、面白くないので、週に一度の練習日には、ほとんど休まずに通った。
バッハが最後に作ったこの曲、「ロ短調ミサ」。
コンサートホールや、映像などで、何度か見聞きしているが、合唱の経験の中でも、まだ、歌ったことはなく、一度は歌ってみたかった。
すばらしい曲だが、難しい。
途中で、脱落しそうになったが、何とか頑張って、本番の舞台に乗ることが出来た。
いつもは、ピアノの伴奏が着いた、合唱だけの練習。
本番前の3回の練習に、オケが入り、さらにソロの歌い手が入り、急に世界が広がったような気がする。
其れまでしっくりしなかった音の世界が「音楽」の世界に広がったような気がした。

長い曲である。
ソロも、管弦楽も、合唱も、中々凝った作りになっている。
ただ、この曲だけは、ドイツ語でなく、ラテン語だから、その点は良かったが、やはり暗譜とは行かず、本番中も、時々楽譜に目を落としたりした。
でも、出来るだけ、指揮者のタクトと目を見ながら、だんだんバッハに近づけたような気がする。
舞台からは。、友人、知人、家族など、確かめる余裕もなく、夢中で歌ったが、終わってからの拍手で、やっと現実に戻った。
前日の雨模様と違い、当日は、寒くはあったが、降り物はなく、お客さんにとっても良かった。
疲れを感じたのは、翌日以後。
まだ、新しいことをする余裕が無く、何となく、ぼうっとしている。
Theme: 音楽 - Genre: 音楽