FC2ブログ

令和となりて・・

早くも一週間・・。今までに無かった美しい元号。
日本人の感性に良く合うような気がする。
昔、大学の卒論のテーマに、記紀歌謡と万葉集を選び、夏休みに、参考文献を漁るため、暑い中、図書館通いをしたことを思い出す。
上野に有った国会図書館、当時は、冷房は無く、勿論コンビニもペットボトルのような便利な物は無く、家から、お弁当と、水筒に詰めた湯冷ましなどを持ち、汗を拭きながら、文献を読み、コピー機も無かった時代、必要な部分は、せっせと手書きでノートに書写、退館時間まで、そこで過ごした。

論文の中身などは覚えていないが、猛暑の中の図書館通い、ひたすら真面目だった若き日の自分が愛おしい。
しばらく倉に入ったままの万葉集十巻本。
もう一度読み直してみたい気持ちになっている。