FC2ブログ

エンブレム

2020年東京オリンピックのエンブレムが決まったという。
競技場の建築デザインも含め、あれこれ躓きのあったオリンピック、エンブレムもその一つだったが、今回、やっと決まったのは良かった。
どこからもクレームの付かない物を・・と言うような配慮もあり、関係者は見えぬ苦労が多かったことだろうが、いざ発表されたエンブレム、ちょっと大人しすぎるように思うのは、私だけだろうか。
ブルーだけの色、日本人好みで落ち着いていて、品良くまとまっているが、やはり、赤い色が欲しいと思った。

関連記事

Comment

Re: 戸川昌子さんの記事
縹 リュウ #- - URL
2017/07/31 (Mon) 02:13

雄平様
昨年春に戴いた下記のコメント、しっかり読んでおりますし、お返事も書いたのに、未だに、正常にアップされません。
デフォルトが「承認待ち」になっていて、なぜか、設定替えが出来ません。
このブログは、元々他のサーバに書いていた物を、途中から、こちらに引っ越したので、その当たりに原因があるかどうかわかりませんが、雄平様のコメントの前に、私が記事の形で書けば、表示されルカも知れませんので、試してみます。うまく、お目にとまるといいのですが・・・・。

> リュウ さま、こんにちわ。
> 戸川昌子さんの記事にコメントを下さいまして、有難うございました。
> 戸川さんが同潤会アパートに住んでいて、同アパートを舞台にした小説で文壇にデビューしたと聞いて、
> この記事を書きました。
>
> 戸川さんはパリのシャンソニエをモデルにしたシャンソン酒場を開き、自身もそこに出演したそう
> ですが、私もそのパリのシャンソニエに行ったことがありました。
>
> さて、リュウさまのブログを拝見して、最近珍しくなったクラシック音楽関係の記事を興味深く
> 拝見しました。私も10代からクラシック音楽に親しんできましたが、最近クラシック音楽もシャンソンも
> 愛好者が少なくなり、大変さびしい思いをしています。
>
> できましたら、<a href="http://tokyoweb.sakura.ne.jp/tokyo_m/music/ongaku_banare/ongaku_banare.html" target="_blank">クラシック音楽離れ</a>をご覧くださればさいわいです。
>
> 俳句のほうは、実はまったく自己流で、勝手に蕪村を先生に見立ててときどき作っています。
> まあ、世の中には蕪村をはじめ何万句もの名句があるのですから、それらを鑑賞して勉強材料
> にすれば自分の腕前も次第にあがるのではないかと期待しています。
>
> 私は、俳句をテーマにしたウェブページを「俳句エッセイ」と称して長年書き継いでいます。
> 内容は芭蕉から関東大震災までさまざまで、つい最近は奥の細道中の「奥の田植え唄」について書きました。
> お時間のあるとき、<a href="http://tokyoweb.sakura.ne.jp/noyaki/essay/essay.html" target="_blank">俳句エッセイメニュー</a>をご覧くださればさいわいです。
>
> では、また。             布勢 雄平

Re: 戸川昌子さんの記事
縹 リュウ #- - URL
2017/01/18 (Wed) 15:15

雄平さま、昨年戴いたコメントに、すぐ返事を書きましたが、なぜか、ブログに反映されず、管理画面をあちこちいじってみたのですが、どうしてもうまくいきませんで、せっかく戴いたコメントを消すようなことになってはいけないので、しばらくそのままにしておりました。
このサーバの仕様が、私には向いていないように思い、ブログの引っ越しも考えましたが、それもなかなか難しそうなので、困ったなと思いつつ、何度か返信を試みながらも、解決されず、今になってしまいました。
としが明けて、もう一度、試みることにし、前に書いた私の返信コメント、全部削除しまして、今、新しく書いております。
無事に表示され、お目に留まると嬉しいのですが…。

Re: 戸川昌子さんの記事
縹 リュウ #- - URL
2016/10/17 (Mon) 01:55

布施雄平さま、ずいぶん前にコメントをいただいていたのに、なぜか、ブログコメントの設定が「拒否」状態のままになっており、管理画面での修正がどうしてもできず、今に至っています。
以前、ほかのブログで、妙なコメントをしてきた人があり、いささか怖い思いをしたので、そこでは、コメントを受け付けない設定にしてあります。
このブログでは、「承認後公開」にしてあるのですが、ほかのブログの過去ログを取り込んだ際、古いコメントの応答が、そのまま入ってきたので、あとから整理しようと、いったん、非公開にしてありました。
その後、「承認制」に切り替えたのですが、私のブログは、訪問者もコメントもほとんど入りませんので、書くのもだんだん間遠になり、コメントの確認もしなくなっていました。
布施様の記事に懐かしさもあって、コメントさせていただき、早速こちらにご訪問くださったことを知り、コメントにお返事しようと思いましたが、「拒否」設定がどうしても解除状態にならず、そのままになっておりました。
いまだに、ブログの設定は思うようにならず、ほかに移行することも考えておりますが、そういう操作が、次第に難しくなっております。
お目に留まるかどうかわかりませんが、とりあえず、こちらで、コメントをいただいたお礼と、経緯を述べさせていただきます。
(たぶん非公開状態が、いまだに解除されず、方法がわかりませんので、そのままになると思います)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する